きももん観光

沖縄を送迎付きツアーで満喫

HOME»  有名観光名所

有名観光名所のご紹介 ~やっぱり沖縄にきたならここに行く~

美ら海水族館

美ら海水族館

 

沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある海洋博公園にある人気スポットの一つです。水族館では、神秘に満ちた沖縄の生き物たちの雄大な世界が広がります。太陽の光が降りそそぐ「サンゴの海」水槽では800群体のサンゴを飼育展示しています。

メイン水槽ではジンベイザメやマンタの悠々と泳ぐ姿をじっくりと観察でき、施設内を巡れば、豊かな自然や歴史文化の体験をはじめ、イルカたちとのふれあいも楽しめます。

 

国際通り

全長約1.6kmの大通りを中心とした地区に、日夜賑わいを見せる最新のお土産店や個性的な飲食店などがズラリと並ぶ国際通りは、那覇観光の代表エリアです。

道路の両側にはTシャツやかりゆしウェア、泡盛やスイーツなど沖縄らしいアイテムをそろえたショップが立ち並びます。

枝道を入れば活気溢れる牧志公設市場や、沖縄食材を使った沖縄料理が楽しめる20店がひしめく国際通り屋台村も賑わっています。

 

国際通り

 

首里城

首里城

 

首里城は、琉球王国の幾多の興亡を伝える歴史の証人。
首里城は沖縄県内で最大の木造建築物で、那覇市首里の見晴らしの良い高台にあります。

沖縄戦で焼失しましたが、一部が復元整備され、1992年「首里城公園」として開園しました。
2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

沖縄へ旅行する方は誰もが行く観光地になっております。

 

ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークは、南国のフルーツや、鮮やかな植物がいっぱいのテーマパークです。

青い空の下、パイナップルの畑を眺めて散策ができたり、試食ができたり、土産物を選んだりと楽しい時間が過ごせる人気のスポットです。

自動で動くかわいいパイナップル号に乗って園内を見学できますよ。

  パイナップル

 

おきなわワールド

おきなわワールド

 

おきなわワールドへは、那覇空港から車で南東方向に約30分。
最も有名なのは鍾乳洞「玉泉洞(ぎょくせんどう)」があります。

国内でも有数の規模を誇る鍾乳洞をはじめ、100年以上を経た沖縄特有の古い赤瓦の民家を再現した町並みは見事です。

伝統工芸や黒糖作りの体験もできます。

 

ひめゆりの塔

沖縄本島南部の糸満市にあるひめゆりの塔は、看護要員として戦場に動員され、亡くなっていった「ひめゆり学徒隊」の慰霊塔です。

後世に戦争の悲惨さと命の尊さを伝える意味でも、子どもと一緒に平和学習のために一度は訪れてほしい場所です。

 

ひめゆりの塔

 

琉宮城蝶々園

琉宮城蝶々園

 

琉球王朝の宮殿か、あるいは浦島太郎の竜宮城か。

海洋博記念公園の南ゲートの看板を過ぎると見えてくる巨大な建物が琉宮城蝶々園。

美ら海水族館まで数百メートルという場所にあるため、
団体観光客の昼食会場として利用されることが多いです。

 

OKINAWAフルーツらんど

OKINAWAフルーツらんどは、「フルーツゾーン」、「チョウゾーン」、「バードゾーン」の3つのゾーンがある全天候型亜熱帯体験施設(巨大な温室)です。雨の日も濡れることなく安心です。
フルーツゾーンには本土ではあまり見ることのできない南国特有のパパイヤ、バナナ、マンゴなどの熱帯フルーツがたくさん実っています

施設内に唯一のカフェ「フルーツカフェ」では、沖縄県産のフルーツを使ったスイーツを召し上がっていただけます。

 

フルーツランド

 

琉球村

琉球村

 

琉球村は恩納村にある人気のテーマパークです。
昔ながらの赤瓦屋根の古民家の町並みを見たり工芸体験でシーサーを作ったりして楽しめます。

中でもエイサーは本格的で見ごたえありです。
沖縄は初めてという方は一度は訪れておきたい施設です。

昔の古民家や三線の音色と、沖縄のゆっくりした時間が流れるこの場所は、都会の喧騒から離れてあなたを癒してくれます。