きももん観光

沖縄を送迎付きツアーで満喫

HOME»  モデル観光ルート»  南部コース 癒しとパワースポットルート

南部コース 癒しとパワースポットルート

■斎場御獄(せーふぁうたき)

  斎場御獄 御嶽(うたき)とは、聖域とされる空間であり、祈りの場です。斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球王国の中で最も格の高い聖地。人工的な建造物はなく、うっそうとした樹木とむきだしの岩山そのものが神の宿る存在として拝まれていました。かつては男子禁制で、たとえ国王であっても女装に改める必要があったと伝えられています。
現在でも地元の方で祈りをささげる方も多く、斎場(せーふぁ)とは「最高の」という意味で、まさに沖縄最高のパワースポットです。
 
  矢印下    



 

■知念岬

  知念岬 沖縄本島南部の南城市にある知念岬は、海にせりだしたような岬に佇む公園として整備されています。太平洋が一望でき、久高島やコマカ島を間近に見ることができます。岬からは太平洋のきれいな海が眼下に広がり、晴れた日は景色と心地よい海風に癒されます。周辺の海は本島南部でも指折りの美しさです。
パラグライダーも体験できるスポットです。
 
  矢印下    



 

■玉城城跡

  玉城城跡 玉城城跡は、琉球最古の古城であり、琉球を創生したと言い伝えられる神アマミキヨが築き、子孫の天孫(てんそん)氏が城主であったと言われています。後に13~14世紀頃には、玉城按司(あじ:領主的豪族)が居城として城を守り修築拡大をおこなったと伝えられています。王府時代から現在に至るまで「東御廻い(アガリウマーイ)」の霊地として参拝者が絶えません。急な坂道を登ると自然石をくり抜いてつくられた円形の城門があり、天空野城跡からの眺めは絶景です。急な坂道を登るため、運動靴での移動をおすすめします。  
  矢印下    



 

■ガンガラーの谷

  ガンガラーの谷 ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、手つかずの自然が残る亜熱帯の森。約1万8000年前に生きていた「港川人」の居住区としての可能性も高く、今も発掘調査が行われ、「自然」や「命」に思いを巡らせながら体感するツアー(ツアーのみ入場可)があります。入り口の大きな鍾乳洞にまず圧倒され、ワクワク感が高まります。神秘的な景観を巡るこの場所は人気のパワースポットです。